ahamo(アハモ)は留守番電話サービスとキャッチホン、転送電話に非対応


このページではahamoが留守番電話サービスとキャッチホン、転送電話に対応するかについてまとめています。

ドコモの留守電「留守番電話サービス」について

ドコモの留守番電話サービスは、通勤などの移動時間や重要な仕事で電話に出られない際や、病院の診療中や習い事などで携帯電話の電源を切っている際などに電話をかけてきた人の伝言メッセージを預かるサービス。

録音時間は最長で3分で保存できる件数は最大20件、保存期間は72時間となっています。

ドコモの留守番電話には伝言の内容を文字で確認することに加え、その伝言をエクスポートしたりワンタッチで返信できる機能があるのが特徴です。

詳しくは、ドコモの留守番電話の紹介動画を参考にしてください。

留守番電話サービスは申し込みが必要で、月額料金は330円です。

iPhoneで留守番電話サービスを利用する手順はこちら。

Androidで留守番電話サービスを利用する手順は以下のリンク。Androidはドコモ留守電アプリのインストールと利用開始の設定が必要です。

 

ドコモのキャッチホンについて

ドコモのキャッチホンは、通話中にかかってきた別の電話を信号音(通話中着信音)で知らせてくれるサービス。

話し中の通話を保留にしたまま、後からかかってきた電話を受けることができるのが特徴です。

キャッチホンは申し込みが必要で、月額料金は220円です。

キャッチホンの操作や設定方法はこちら。

 

ドコモの転送電話サービスについて

ドコモの転送でんわサービスは、かかってきた電話をあらかじめ登録しておいた他の携帯電話やオフィス、家庭の電話などに転送するサービスです。

電波の届かないところにいたり携帯電話の電源を切っていても、連絡を逃すことがないのがメリット。

またドコモの転送でんわサービスは、事前に国際着信転送サービスを申し込んでおけば海外の電話にも転送できるので、海外に長期出張していても対応することができます。
 

 

転送でんわサービスを利用するには申し込みが必要で、月額料金は無料。

通話が転送された場合、転送元(転送でんわサービスを契約している携帯電話)から転送先への通話料が転送元に請求されます。

転送でんわサービスの操作や設定方法はこちら。
 

 

ahamoは留守録の留守番電話オプションに非対応で使えない

仕事の都合などでその場で電話に出ることができず、留守番電話が必要な人は多いと思います。

ahamoの対応状況を見てみると、留守番電話サービスについてはドコモサービス対応状況の一覧にある留守番電話サービスの項目が「-」と記載されているので、残念ながら非対応です。

ahamoのメインターゲットは電話をあまり使わないデジタルネイティブ世代と呼ばれる20代のユーザーなので、あえて留守番電話に対応する必要はないと判断したのかもしれません。

またプライベートの電話なら、相手が電話に出なければLINEやTwitterでメッセージを残しておけばいいだけなので、留守番電話はなくても特に問題はないでしょう。

ただ、逆にahamoのSIMを挿したスマホで仕事の電話をガンガン使う人にとっては、ahamoが留守番電話に対応していないのは大きなデメリットになりえます。

ドコモには、ahamoの留守番電話はahamo以外のドコモのプランと同じようにオプションで加入できるようにしておいてほしかった(ユーザーに選べるようにして欲しかった)ところです。

ahamoはキャッチホンと転送でんわサービスにも非対応

仕事の関係上、キャッチホンや転送電話が必要な人もいるはず。

ですが、ahamoは残念ながらキャッチホン・転送でんわサービスともに非対応となっています。

留守番電話と同じで、キャッチホンと転送電話もせめてオプションで選ばせてほしかったですね。
 

まとめ

ahamoは留守番電話サービスとキャッチホン、転送でんわサービスのすべてに非対応で使えません。

ahamoは若者向けのプランではあるものの、若い人でも電話をよく使うなら留守番電話サービス・キャッチホン・転送でんわサービスが必要な人はいるはずなので、非対応ではなくオプションとしてユーザーが選べるようにしてほしいところです。

今後、ユーザーからドコモに電話関連のオプションに関する要望も上がってくるはずなので今後のサービス改善に期待しましょう。

 

ahamo公式サイトahamo | アハモ