ahamoで海外使用・国際データローミングOKな82エリア/国と注意点まとめ


ahamoは国際ローミング(海外ローミング)に対応しています。

そこでこのページでは、ahamoで国際ローミングできる82の国と地域の詳細と国際ローミングを利用してデータ通信する際にかかる料金や通話料金、その他注意点などについてまとめます。

ahamoは海外でデータ通信や通話できる?⇒海外データ通信・海外通話ともに可能

ahamoは国際ローミング(海外ローミング)に対応しているので、海外でのデータ通信はもちろん通話も利用することができます。
 

ahamoの海外ローミングでテザリングできるかは現時点では不明

ahamoは海外でデータ通信できるということなので、海外でのテザリングもできそうな気がしたのでドコモの公式サイトを確認してみたところ、海外テザリングについては触れられていませんでした。

ドコモのチャットサポートで尋ねてみたところ、3月26日の専用サイトオープン時に確認してほしいとのこと。

海外でのデータ通信に対応しているなら、テザリングにもぜひ対応してほしいところです。
 

ahamoで海外データ通信する場合は追加費用なし

ドコモの一部プランでは、海外ローミングでデータ通信をするために有料のオプションに加入する必要があります。

例えば、ギガホやパケットパックなどのパケット定額サービスを契約している場合、契約しているプランのひと月に使えるデータ容量を海外で使うには有料の「パケットパック海外オプション」に加入しないといけません。

対して、ahamoではひと月に高速通信できるデータ容量20GB以内におさまるデータ量なら、パケットパック海外オプションのようなオプションに加入する必要なく追加費用なしで海外でデータ通信が可能です。
 

ahamoの海外ローミングで海外通話する場合の通話料金は現時点では不明

ahamoは、海外ローミングでデータ通信する場合は基本的に2,980円の料金内でおさまるので問題ないですが、通話料金については日本国内で有料なので海外で通話する場合ももちろん有料になります。

ただ、具体的にいくらになるのかがahamoの公式サイトには記載されていなかったのでチャットサポートに尋ねてみましたが、現時点では分からないとのこと。

詳細が発表され次第、追記します。
 

ahamoで国際ローミングをするのにWORLD WINGの申し込みが必要かは不明

ドコモのSIMで海外ローミングを利用するには、WORLD WINGの申し込みが必須です。

ahamoでもおそらくWORLD WINGの申し込みが必要だとは思いますが、念のためサポートに尋ねてみたところまだ分からないとのこと。

WORLD WING加入が必須かどうかについても、詳細が分かり次第追記します。
 

ahamoで海外利用できるのはどこ?⇒ハワイやグアム、中国、韓国、台湾など82の国とエリア

ahamoは、格安プランながら82の国と地域で海外利用(国際ローミングによるデータ通信と通話)が可能です。

国際ローミングできる82の国と地域は以下の通り。

アイルランド
アゾレス諸島
アメリカ
アラスカ
アンドラ
イギリス
イスラエル
イタリア・バチカン
インド
インドネシア
エクアドル
エジプト
エストニア
オーストラリア
オーストリア
オマーン
オランダ
カタール
カナダ
カナリア諸島
韓国
カンボジア
キプロス
ギリシャ
グアム
クロアチア
サイパン
サウジアラビア
サンマリノ
シンガポール
スイス
スウェーデン
スペイン
スペイン領北アフリカ
スロバキア
タイ
台湾
チェコ
中国
チリ
デンマーク
ドイツ
トルコ
ナウル
ニュージーランド
ノルウェー
米領バージン諸島
バチカン
アメリカ(ハワイ)
ハンガリー
バングラデシュ
フィジー
フィリピン
フィンランド
プエルトリコ
ブラジル
フランス
ブルガリア
ブルネイ
ベトナム
ペルー
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
香港
マカオ
マディラ諸島
マレーシア
南アフリカ
ミャンマー
メキシコ
モナコ
モロッコ
ヨルダン
ラオス
ラトビア
リトアニア
リヒテンシュタイン
ルーマニア
ルクセンブルク
レソト
ロシア

ドコモはahamo以外の既存プラン向けにWORLD WINGという国際ローミングサービスを提供していますが、WORLD WINGが227の国と地域で利用できるのと比較するとahamoの国際ローミング対応地域は絞られていることが分かります。

ただ、ahamoの海外ローミングでもハワイ・グアムを含むアメリカや中国、韓国、台湾、台湾、シンガポールなど日本人の海外旅行先としてよく選ばれることが多い国・地域での利用は可能なので実用性はかなり高いです。
 

ahamoで海外ローミングを利用する際の注意点

最後に、ahamoで海外ローミングを利用する際の注意点をまとめておきます。

海外ローミングに対応したスマホを使う必要がある

ahamoのSIMを挿したスマホを海外で使うには、そのスマホが海外ローミングに対応している必要があります。

現時点ではahamoの対応機種がまだ分からないのでどの機種が海外で使えるかは分かりませんが、対応機種が発表されたら必ず海外ローミング対応の機種を準備するようにしましょう。

ちなみに、以下のページで海外で使えるドコモのスマホを検索することができます。

海外で使えるドコモスマホの検索

国際ローミングの対応エリアと利用料金 | NTTドコモ

 

スマホの設定から「データローミング」をオンにする必要がある

海外でahamoのSIMを挿したスマホを使うには、スマホの設定から「データローミング」の項目をオンにする必要があります。

ahamoで海外利用・国際ローミングするための設定方法をiPhoneとAndroidでそれぞれ以下に説明します。
 

iPhone

iPhoneの場合は、設定から「モバイル通信」から「通信のオプション」をタップ。

「データローミング」をオンにすれば設定は完了です。

 

Android

Androidの場合は、設定から「接続」をタップ。

「モバイルネットワーク」を選び「データローミング」をタップします。

データローミングをオンにするか聞いてくるので「OK」をタップしてデータローミングを有効にすれば設定は完了です。

設定自体はとても簡単ですがこの設定をし忘れていると海外でデータ通信ができないので、もし海外でネットにつながらない場合はデータローミングがオンになっているかをまず確認してみましょう。
 

ahamoの海外ローミングには利用日数制限として15日制限がある

ahamoの海外ローミング利用で注意しないといけないのが、利用日数に上限がある点です。

ahamoでは、15日を超えて長期間海外で利用される場合は、通信速度が制限されます。」と明記されています。

この通信速度制限でどの程度速度が遅くなるのかは分かりませんが、海外向けルーターの多くが最大128kbpsに制限されるので、ahamoも最大128kbpsまで遅くなる可能性があると思っておいた方がいいです。

ちなみに、128kbpsだと動画はもちろんTwitterやInstagramも画像表示までにかなり時間がかかるほどの遅さなので、ほぼ使えません。
 

ahamoを契約していて海外の滞在が15日を超える場合の対処法

ahamoを契約していて海外の滞在が15日を超える場合は、海外向けのモバイルルーターをレンタルするかSIMが2枚挿せる(デュアルSIM)のスマホなら海外用のプリペイドSIMを挿してそちらで通信する手があります。

海外向けのルーターなら、グローバルWiFiがおすすめ。

私はハワイが好きでハワイに行く時はいつもグローバルWiFiを使っていますが、カラカウア通り沿いやクヒオ通り沿いはもちろん、カイルアビーチやラニカイビーチなどワイキキから離れた場所でも全く問題なく通信できます。

ただカラカウア通りでも、例えば今は閉店してしまったワイキキ横丁のような地下にある店だとグローバルWiFiでもかなり電波が弱くなりますが、そのような場所には店が用意しているフリーWi-Fiがあることも多いので積極的に活用しましょう。

なおグローバルWiFiは、公式サイトで申し込むよりも価格コム経由で契約した方が料金が半額近くで済みます。

私自身グローバルWiFiは価格コムからいつも申し込んでいますが、指定した日に届かなかったり通信ができないといったトラブルは一度もないです。

海外用のSIMなら、例えばハワイを含むアメリカで無制限で使えるアメリカSIMは5日間~90日間まで11の期間に分かれているので、自分の海外旅行日程に合わせてSIMの使える期間を選ぶことができます。

ただ、プリペイドSIMは海外に持っていくスマホがプリペイドSIMのバンドに対応しているかの確認や事前の設定が必要など、モバイルルーターに比べると手間がかかり使えないかもしれないリスクもあるので、どちらかというと慣れた人(上級者)向けです。

スマホの設定やネットワークに詳しくない人で海外で確実にネットを使いたいなら、モバイルルーターの利用をおすすめします。
 

まとめ

ahamoはドコモの他のプランに比べると国や地域は限定されるものの、海外で通話やデータ通信を利用することができます。

海外での通話料金に関しては現時点では不明なので、詳細が分かり次第追記します。

データ通信については、追加費用なしでahamoのデータ容量20GBを消費して海外でネットができるのがメリット。

2~3日間程度の海外旅行なら、モバイル通信で動画をがっつり見るといった使い方をしない限りはahamoのデータ容量もそこまで消費しないと思うのでぜひ活用してみてください。

ahamoで海外データ通信する場合の注意点として、15日を超えると速度が制限される点があります。

15日を超える期間海外で過ごす場合は、海外向けのモバイルルーターをレンタルするかプリペイドSIMを購入してスマホに挿して使うなどしましょう。

ahamo | アハモ  

ドコモ ahamo(アハモ)の詳細とメリット・デメリットを総まとめ