ahamo(アハモ)はeSIMに対応する。時期はいつから?⇒現時点では未定


このページでは、ahamoのeSIM対応についてまとめています。

ahamoはeSIMに対応予定。いつから提供開始されるかは現時点では不明

ドコモの井伊社長によると、ahamoはeSIMに対応する予定とのこと。

ただ、井伊社長はドコモとしてはすでに2017年にタブレットの dtabでeSIMに対応していたのでahamoをeSIMに対応させることは可能ではあるものの、eSIMの課題として本人確認となりすまし、セキュリティの担保を挙げています。

これらの課題があるために、ahamoのeSIM対応が現時点で実現していないということのようです。

そのため、eSIMの提供がいつからになるのかについては現時点では不明です。
 

nano-SIMとeSIMのデュアルSIM対応のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降のモデルahamoでも使える?⇒使えます

ahamoのeSIM対応予定で気になるのが、eSIM対応のiPhoneにahamoのSIMを挿して通話やネットができるかという点。

iPhoneは、以下のモデルでeSIMに対応しています。

eSIM対応iPhone
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone SE (第2世代)
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11
・iPhone XR
・iPhone XS Max
・iPhone XS

上記モデルはnano-SIMとeSIMのデュアルSIM対応なので、ahamoのeSIMがiPhoneで使えるならeSIMにはahamoのSIMを登録しnano-SIMには格安SIMや楽天モバイルなど大容量で安いSIMを挿すことで、低コストで大量通信するスマホにできます。

結論としては、ahamoはiPhone 6以降のiPhoneで対応しているのでeSIM対応の上記機種は全てahamoのSIMを挿して使えます。

ahamoの対応機種の詳細はこちらをご覧ください。
 

 

eSIMのメリット

このページを見ている人はeSIMについて詳しいとは思いますが、中には詳しくない人もいるかもしれないのでeSIMについて簡単に触れておきます。

eSIMは、あらかじめ本体に内蔵されたSIM。

これまでのSIMのように、SIMカードを端末に差し込む必要がないのが大きな特徴です。

またeSIMは物理的なSIMではないので、新規でSIMを申し込んだ後に契約した通信事業者からSIMが届くのを待つ必要が無く、eSIM対応の端末のカメラでバーコードを読み取るかアプリからの登録だけですぐに使い始めることができるのも大きなメリット。

番号そのままで乗り換える場合も、新規と同じようにSIMが届くのを待たずに乗り換え先が利用できるようになるのでかなり便利です。
 

まとめ

ahamoは、時期は不明ですがeSIMに対応する予定です。

eSIM対応ということで気になるのがeSIM搭載のiPhoneでもahamoが使えるかどうかですが、ahamoはiPhone 6以降のiPhoneに対応しているのでeSIM搭載のiPhoneは全て使えるということになります。

ahamoのeSIMと他の格安SIMを組み合わせることで、維持費は低くしつつ大容量の通信ができるiPhoneにすることができますね。

ドコモ ahamo(アハモ)の詳細とメリット・デメリットを総まとめ  

ahamo | アハモ