ahamoのデータ容量(パケット)をファミリーでシェアするオプションは無し


このページでは、ahamo(アハモ)でデータ容量が家族でシェアするオプションがあるかについてまとめています。

ドコモのデータシェアについて

ドコモのプランの中には、家族の中の1つの契約のデータ容量(パケット)を他の家族と共有する(分け合う)プランがあります。

代表的なものがシェアパックです。

例えば、代表回線が月額6,500円でひと月のデータ容量5GBのシェアパック5を契約し、他の家族2回線がシェアパックのデータ容量を共有して利用するために必要なシェアオプションに月額500円で加入します。

そうすることで、1人ひとりでそれぞれひと月に使えるデータ容量が決まったプランを契約するよりも、トータルの利用料金を安く抑えつつ代表回線のデータ容量を効率よく使うことができるのがメリットです。
 

ahamo(アハモ)のデータ容量は家族でシェアすることはできない

ahamoでも、シェアパックやシェアオプションを適用してahamoのデータ容量20GBを家族で分け合って使いながら家族トータルのスマホ代にかかる費用を安くできれば無駄なく節約できて言うことはありません。

ただ、残念ながらahamoではシェアパック・シェアオプションともに適用することはできません。

またシェアパックやシェアオプションに代わるオプションサービスもないので、ahamoのデータ容量を家族と分け合うことは不可能です。
 

現在ドコモで申し込めるスマホプラン・オプションの中にデータ容量をシェアできるものはない

ちなみに現在ドコモで申し込めるスマホ向けのプランやオプションの中に、代表回線のデータ容量を家族とシェア・共有できるものはありません。

ギガホやギガライト、2021年4月1日より提供を開始するギガホ プレミアとはじめてスマホプランにもシェアオプションはないので、家族それぞれでひと月に使えるデータ容量が決まったプランに加入する必要があります。

このような状況なので、ahamoにシェアオプションがないのも仕方ないですね。
 

ahamoはスマホとタブレットでデータ容量をシェアできるデータプラスに対応するかも不明

ちなみに、スマホ向けのプランやオプションの中にはデータ容量をシェアできるものはありませんが、タブレット向けにはスマホのデータ容量をシェアして使える「データプラス」というオプションがあります。

データプラスの月額料金と、ペアにする親回線の対象プランは以下の通り。

月額料金1,100円
対象プラン・5Gギガホ プレミア
・5Gギガホ
・5Gギガライト
・ギガホ プレミア
・ギガホ
・ギガライト

データプラスが適用できる親回線の対象プランは、現時点ではドコモのギガプランのみ。

つまり、データプラスも少なくとも現時点ではahamoと組み合わせて利用することはできないということです。

データ容量が20GBあれば、動画を視聴したりする時など大画面が適している場面ではタブレットをahamoのデータ容量を消費しつつ使えるとかなり便利なので、今後ぜひとも対応してほしいところです。
 

 

まとめ

ahamoのデータ容量は、スマホ同士では他の家族とシェアして使うことはできません。

タブレット向けでは、スマホのデータ容量をシェアして消費しつつネットが使えるデータプラスがありますが、現時点ではデータプラスもahamoの対象外となっています。

スマホ向けに関しては、ahamoだけでなく現在申し込みできるドコモの従来プランでも利用できないので現時点ではあきらめるしかないです。

スマホとタブレットでスマホの容量をシェアしながら使いたい場合は、ドコモのギガプランとデータプラスの組み合わせで利用しましょう。

ドコモ ahamo(アハモ)の詳細とメリット・デメリットを総まとめ  

ahamo | アハモ