ahamo(アハモ)の対応バンドまとめ。電波のエリアはドコモと同じ


このページではahamoの対応バンドについてまとめています。

ドコモが使用しているバンド(周波数帯)について

まずは、ドコモで使われているバンド(周波数帯)について簡単にまとめます。

4G・Band 1(2.1GHz)
・Band 3(1.8GHz)
・Band 19(800MHz)
・Band 21(1.5GHz)
・Band 28(700MHz)
・Band 42(3.5GHz)
5G・n77(3.6~3.7GHz)
・n78(3.3~3.8GHz)
・n79(4.5~4.6GHz)
・n257(27.40~ 27.80 GHz)

赤太字で記載している4G LTEのBand1とBand19は、ドコモのSIMを挿した端末を広いエリアで通話・通信するために必須のバンドです。

言い換えれば、上記2つのバンドに対応していればその他のバンドに対応していなくても大きな支障はなく使えるということです。
次に、各バンドについて解説します。
 

4G LTE

Band 1(2.1GHz)

Band 1はドコモの主要な周波数帯の1つで、日本国内で購入できる端末のほぼ全てが対応しているバンド。

Band 1は海外でも広く使われている周波数帯なので、日本国内だけでなく海外の端末でも対応しているものが多いです。

ドコモのスマホを使う上でBand 1の対応は必須条件で、逆にBand 1に対応していない端末にドコモのSIMを挿しても通話やネットできるエリアがかなり限られるのでまともに使えません。

また、後で解説するBand 19と合わせることで広いエリアで通話・通信できます。
 

Band 3(1.7GHz)

Band 3は東京と名古屋、大阪を中心に運用されている周波数帯で、ドコモの対応周波数の中でも下りの最高速度が約150Mbpsと最も速いのが特徴。

この地域に住んでいる人にとっては対応していなくても困りはしませんが、対応していれば高速で通信できるので便利なバンドがBand 3です。

また、該当地域に住んでいない人もその地域に仕事や旅行などで行くこともあると思うので、Band 3に対応しているといいですね。
 

Band 19(800MHz)

Band 19は、ドコモの通信エリアを広くカバーするために使われている周波数帯です。

Band 19はプラチナバンドとも呼ばれていて、周波数が低いため速度は遅いものの地下やビルの陰、山間部などBand 1ではつながりにくくなる場所でもつながりやすいのが特徴。

Band 19に対応していない端末はドコモのSIMを挿してもつながる場所が限定されてしまうので、ドコモの広いエリアをフルに活用して通話や通信したいならBand 19の対応は必須です。
 

Band 21(1.5GHz)

Band 21は、ドコモが地方都市で高速化のために整備している日本独自の周波数帯。

Band 21に対応している端末はドコモ以外にはほとんどないです。

地方都市における高速化という限られた目的のためのバンドなので、Band 21に対応していなくても特に問題はありません。
 

Band 28(700MHz)

Band 28は、Band 19と同じくプラチナバンドです。

Band 28はBand 19に比べるとカバーするエリアは狭いのでそこまで重要ではないですが、対応していればより良いといったところ。
 

Band 42(3.5GHz)

Band 42はドコモではPremium 4Gと呼ばれている周波数帯で、通信規格には第4世代移動通信システムに属する技術のLTE-Aが採用されています。

Band 42は周波数を複数組み合わせて束ねるキャリアアグリゲーションなどで使われていて、Band 42を活用することで一部のエリア内では受信時の速度が最大1.7Gbpsと圧倒的な速度が出るのが特徴。

高速化が目的で広いエリアで使うことを目的とした周波数帯ではないのでahamoのSIMを挿して使うスマホでBand 42の対応は必須ではないですが、受信時最大1.7Gbpsで利用できるエリアもそこそこ広いので、対応していればより快適に通信できるのは間違いないです。
 

5G

次は5Gのバンドについて。

n77(3.6~3.7GHz)

n77はSub-6と呼ばれる周波数帯で、次に解説するn78を内包しています。

つまり、n78に対応していると記載されていなくてもn77に対応している端末であればn78のエリアで利用できるということです。

n78(3.3~3.8GHz)

n78もSub-6で、5Gの主要な周波数帯です。

n77の部分でも触れた通りn78はn77に内包されているので、端末がn78に対応していると記載されていなくてもn77に対応していればn78のエリアでも使えます。

また、逆にn77に対応と記載されていなくてもn78に対応していれば5Gを使えるのがn77とn78に対応しているドコモのメリット。

ソフトバンクと楽天モバイルはn77には対応しているもののn78には非対応なので、n78対応・n77非対応の端末では5G通信ができません。

端末の対応バンドドコモソフトバンク
楽天モバイル
n77n78
利用できる利用できる
利用できる利用できる
利用できる利用できない
利用できない利用できない
 

n79(4.5~4.6GHz)

n79もSub-6と呼ばれる周波数帯。

日本のキャリアの中ではドコモだけ対応していますが、どの程度のエリアで使われているかは不明です。
 

n257(27.40~27.80 GHz)

n257はミリ波と呼ばれる周波数帯。

n77やn78と比べても周波数が高いため障害物にかなり弱いのがネックですが、総務省が5Gの主な要求条件として掲げる「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」を達成するために必要な周波数のため、利用されることとなっています。

n257は障害物に弱いという性質上広い地域で利用するのは難しいので、都市部など一部の地域での利用がメインとなりそうです。

また、n257については利用できるようになるまでにまだ時間がかかるので、n257に対応していなくても現時点では特に問題はありません。
 

ahamoの対応バンドはドコモと同じ。ahamo対応機種ならドコモと同じエリアで通話と通信できる

気になるahamoの対応バンド(エリア)ですが、ahamoの公式サイトのエリアのページを開き、「通信・エリアを調べる」をタップすると・・・

 

ドコモのエリアマップのページに飛びます。

 

つまり、ahamoのエリアはドコモと同じということです。

ahamoで使えるドコモのスマホの一覧を見ても最近のスマホはほぼ全て対応しているので、現在ドコモのスマホを使っている人の多くがスマホはそのままでahamoに乗り換えることができますね。
 

 

ahamoはドコモの5Gエリアでも利用できる

ちなみに、ahamoは4Gだけでなく5Gエリアでも利用可能。

5Gの高速通信に対応するエリアはまだ狭いものの今後確実に広がっていくので、5Gスマホを持っている人はahamoでもより快適にネット活用することができます。
 

SIMフリースマホの対応機種は未発表。バンドが対応していてもドコモからの正式発表を待つのがおすすめ

ahamoの対応機種はすでに公開されていますが、公開されているのはあくまでもドコモのスマホのみで、ドコモ以外のキャリアのスマホやSIMフリースマホの対応機種はまだ発表されていません。

ドコモ以外の機種でも、ドコモのバンドに対応していればおそらく問題なく使えるとは思いますが、これからahamo用にSIMフリースマホを購入する予定の場合は念のためドコモから正式発表されるのを待つことをおすすめします。
 

まとめ

ahamoの対応バンドはドコモと全く同じなので、ahamo対応機種ならドコモの従来プランと全く同じ広いエリアで通話や通信が可能です。

ただ、現時点で発表されているahamoの対応機種はドコモのスマホだけなので、ahamoをSIMフリースマホで使う予定の場合はドコモからahamo対応のSIMフリースマホを一覧が発表されるまで購入するのは待っておきましょう。

ドコモ ahamo(アハモ)の詳細とメリット・デメリットを総まとめ  

ahamo | アハモ